プロボクサー(元プロとかプロ志望も含む)も弱い選手ほどリスペクトする気持ちがない。

プロボクサー(元プロとかプロ志望も含む)もピンきり。
いろんなジムで練習したけどこれだけは共通していることがある。

弱い選手ほど、なぜか上から目線。

多分、本人は気づいていないのだろうけど、他の格闘技をバカにしたり、あげくには自分より全然格上の先輩ボクサーにたいしてまで「あれは実力がない」とか平然と言っちゃう。
こういう評論って一般のボクシングファンならありだと思うのですけど、プロ志望とか、プロ(元プロ含む)で一応はプロの肩書をつけるなら少しは発言を考えろと思う。


スポンサーリンク

やたらと上から目線なので、嘸かし凄い経歴の持ち主と思い「あなた様の戦績は?」となると、こんなのに限ってしょっぱい戦績しかない。「お前よく言えるな。」と言うのばかり。

最初は理解不能でしたが、こういうことが何度もあると理由もわかってきました。ボクシングのタイトル獲得など違う景色を観たことがないから、発言が一般のボクシングのコアなファンと同じ感覚で自分のことを棚に上げ評論してしまうのです。

「結果なきものは言うべからず」

自分の好きなやり方でも良いのです。但し、勝っていればね。もし、何度も躓くようであれば、素直に言うことは聞く。「いや、これは」なんて思う自分への甘さが結果に結びつかないのです。

 

  ボクシング最新情報はこちらへ↓
  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク