パヤノが弱いのではなく井上が強すぎる理由(WBSSバンタム級トーナメント1回戦)

2018.10.7(横浜アリーナ)
WBSSバンタム級トーナメント1回戦
WBA世界同級タイトルマッチ

(王者)井上尚弥 vs (同級4位)フアンカルロス・パヤノ

井上尚弥の世界戦視聴率 瞬間最高は12.6% (平均8.4%)、前週のRIZIN 堀口vs天心の視聴率が瞬間最高は9.6%(平均6.6%)なので尚弥一人で持って行ってしまいました。

 

試合内容

1R開始70秒。
井上は、この試合で初めて放った2発のパンチで、元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノをKOしてしまった。

試合を観ていてサウスポーのパヤノのフットワークは悪くなかった。
パヤノは右にサークリングして距離をはかる。
井上もその動きにあわせて距離をはかる。

パヤノの軽い右ジャブにあわせて、井上は角度を変えた強烈な左ジャブ。
体制を崩したパヤノに右ストレートがどんぴしゃのタイミングで顎をとらえる。
パヤノはこのパンチが全く見えていない。
両足揃えてそのままマットに倒れ、これで試合終了。

いろいろなスポーツ誌で元世界王者たちがコメントをしていると思いますが、井上尚弥が凄すぎて言いようがない・・・。
高速のスピードで相手の射程圏内にはいるステップイン。
正確性と破壊力を兼ね揃えたジャブとストレート。
結局、どんなテクニカルの解説をしても、井上尚弥じゃなければあの攻撃はできないですから。

試合後のコメント(井上尚弥)

「最高ですね。(KOの場面は)手応えもすごく拳から伝わってきて、相手の倒れ方もかなり効いているなと。この一撃で終わったと思いました。WBSS初戦を最高の形でスタートがきれたと思う。」

試合後のコメント(フアンカルロス・パヤノ)

「井上は強い。見ての通り。油断していたわけではないが、パンチが入ってしまったし、全く見えてなかった。」

WBSSバンタム級トーナメントの日程

この先のWBSSも見逃せません!

Match Sch
10/13(土)日本時間18:00~ ロシア・エカテリンブルグ

ゾラニ・テテ(南ア)vs ミーシャ アロイアン(露)

WBSS準々決勝/WBO世界バンタム級タイトルマッチ
WBO世界バンタム級王者のテテがWBSS一回戦に登場。

Match Sch
10/21(日)日本時間8:00~ 米国フロリダ州オーランド,CFEアリーナ

エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)vs ジェイソン・モロニー(オーストラリア)

WBSS準々決勝/IBF世界バンタム級タイトルマッチ
IBF王者のエマニュエル・ロドリゲスがジェイソン・モロニーを迎え撃つ。

Match Sch
11/4(土)日本時間3:00~ 英国グラスゴー

ライアン・バーネット(英) VS ノニト・ドネア(比)

WBSS準々決勝/WBA世界バンタム級タイトルマッチ
WBA世界バンタム級王者のバーネットと世界5階級制覇をしたドネアの対決。

  ボクシング最新情報はこちらへ↓
  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

スポンサードリンク

あわせて読みたい