世界王者を6人育てた元協栄ジムの名トレーナー新井史朗と、日本人初の重量級王者 西島洋介山の意外な出会い

今回は、元協栄ジム時代に世界王者を6人担当した名トレーナー 新井史朗さん(K&Wボクシングジム会長)がボクシングをはじめた10代の頃に出会った日本人初の重量級王者 西島洋介山(マスター西)さんについてお話しいただきました。

『ボクシングをはじめよう!』

●今回の登場人物

新井史朗


スポンサーリンク

K&Wボクシングジム会長。

新井史朗会長
【写真:デイリースポーツより 写真左から井上尚弥、新井会長、八重樫東、佐藤洋太】

22歳で協栄ジムトレーナーとなり勇利アルバチャコフ、オルズベック・ナザロフ、佐藤修、亀田興毅、坂田健史、佐藤洋太など6人の世界王者トレーナーを担当する。現在は会長を務めるK&Wボクシングジムでもジム開設4年目(2019年10月)に日本王者の高橋悠斗(L・フライ級)が誕生。協栄ジム以外でも井上尚弥、井上拓真、八重樫東などにもしたわれているトレーナー歴20年以上の名トレーナー(現K&Wジム会長)。

ジム名 K&Wボクシングジム
住所 神奈川県横浜市緑区十日市場町804-2-2
協栄スポーツクラブ十日市場内
最寄駅 横浜線 十日市場駅より徒歩約1分
電話 045-500-9199

 

YouTubeのチャンネル登録はこちらへ

  ボクシング最新情報はこちらへ↓
 
  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

あわせて読みたい