西島洋介がPRIDE、K1時代を語る「なぜ、体重差30kg以上の相手と戦っていたのか」

今の総合格闘技やキックボクシングなら、2kg少ない体重でも大きな階級差としてハンディとなりますが、当時のPRIDE、K1に参戦した西島洋介は、元ボクサーながら、体重差30kg以上違う総合格闘技やキックボクシングの試合に挑んでいました。


スポンサーリンク

こういった理由についてのインタビュー動画です。

  ボクシング最新情報はこちらへ↓
  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク