プロボクサー(元プロとかプロ志望も含む)も弱い奴ほどリスペクトする気持ちがない。

プロボクサー(元プロとかプロ志望も含む)もピンきり。
いろんなジムで練習したけどこれだけは共通していることがある。

弱い奴ほど上から目線。

他の格闘技をバカにしたり、あげくには自分より全然格上の先輩ボクサーにたいしてまで「あれは実力がない」とか平然と言っちゃう。
こういう評論って一般のボクシングファンならありだと思うのですけど、プロ志望とか、プロ(元プロ含む)で一応はプロの肩書をつけるなら少しは発言を考えろと思う。

やたらと上から目線なので、嘸かし凄い経歴の持ち主と思い「あなた様の戦績は?」となると、こんなのに限ってしょっぱい戦績しか残していない。「お前がよく言えるな。」と言うのばかり。


スポンサーリンク

最初は理解不能でしたが、こういうことが何度もあると理由もわかってきました。ボクシングのタイトル獲得など違う景色を観たことがないから、発言が一般のボクシングマニアと同じなのです。

「ジャンルはマニアが潰す」

これは、低迷していた新日本プロレスの人気をV字回復させたブシロードの経営者さんの言葉。この意味はマニア(コアなファン)は、露骨に他競技や選手を毛嫌いして興味ないアピールをしたがる。

さらにボクシングファンでも自分と同じ価値観じゃない人を受けいれられない。こういうのばかりだと、ライトなボクシングファンが入りにくくなり、しだいに人気も低迷してしまう。

しかし、現実には今のボクシングよりもK1やRIZINのほうが人気がある。ジムへの入会者数だってボクシングジムよりキックやMMAのジムのほうがはるかに多い。

一応、私もボクシングジムで指導する側のほうが多いので、今の中学生、高校生でそこそこ良い動きの子たちと話すと「本当はRIZINが好きなんです!」とか「K1が好きなんですけど近くにジムがなくて」とか普通に話します。

プロ志望者だって年々プロテストの受験者数も減っているし、ボクシングの素質があるような逸材ですら、普通にMMAの世界へ転向してしまう。マニアはこういった現実を知ろうとしない。

 マニアの他競技や他競技の選手をけなす発言や挙動で、これからボクシングが好きになる人たちまで遠ざけしまうのです。 

ボクシング、キック、MMAの現実

この三競技のトップ選手たちは、現実には合同練習などもよくしている。そして各選手は違う競技の選手たちをリスペクトしています。何度も書くけど違う景色を見たことのある人間は、競技は違えどトップ同士としてつながっているのです。

興味ないなら興味なしで良い

でも、他競技をけなす必要がない。
こういうマニアはボクシング業界代表みたいな発言するのだけど、ほとんどボクシング業界とのつながりもない。裏側まで興味持てば、どの競技の選手たちも切磋琢磨して頑張っていることを知り、他競技の選手をけなすようなことはしなくなるから。

  ボクシング最新情報はこちらへ↓
  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

スポンサードリンク